闇金 夜逃げ

ヒドい取り立ても最短1日STOP!

エストリーガル

闇金からの取り立て苦で夜逃げをするとどうなる?

闇金の取り立てが辛いからと言って夜逃げをする人が昔は多かったのですが、その人達は逃げた後どのような生活をする事になるのか気になるところですよね。
結論から言うと、住所不定、無職、残飯漁り、不衛生、病院に行けない、といった具合に人として安全に生活できる保証が無い存在となってしまいます。

 

まず普通の引越し同様に住民票の内容を変更してしまうと速攻で闇金業者にバレてしまいます。
ですので住民票の変更はNG!
となると住所不定となり、まともな仕事には就けなくなり生活していくお金の工面もできません。
また、健康保険にも入れないため病気になっても病院治療する事ができず、そのまま野垂れ死にの最期を迎える事でしょう。
家族も巻き込んで夜逃げをした場合でも例外なくこのような結末となってしまいます。

 

さて、夜逃げした人たちの末路はこんな感じなのですが、その間ヤミ金業者は夜逃げした人の事を血眼になって探しているのかというと、全くそんな事はありません。
ヤミ金との契約時に教えた緊急連絡先や勤務先の項目に書かれた実家、親族、会社などの人間にターゲットを変更して過激な取り立てを続けます。
結局のところ夜逃げをしても状況は変わらず、周囲の人達に被害が飛び火するだけなので無意味なんですね。
そんな事をするくらいなら法律の専門家に相談をして、ヤミ金業者と真っ向からやり合う覚悟をした方が利口です。
ヤミ金業者のやっている事はそもそもが違法な行為なので、司法書士などを挟んで話を詰めていけば必ずヤミ金業者は諦めて消えていくんです。

 

その為にも、まずはヤミ金問題に対して積極的に動いてくれる司法書士や弁護士を見つける事が大切です。
法律の専門家に相談して受任契約を交わす事でヤミ金業者の債務者への接触が制限され、ヤミ金業者は司法書士と交渉をする事になります。
法律の専門家が相手となると、流石のヤミ金も手を出せなくなり諦めるという算段です。
早ければ受任契約の翌日にはあのしつこかった取り立て行為もなくなったという事例も少なくはありません。
逃げる事を考える前に「確実に勝てる方法で闇金業者を諦めさせましょう!」

 

エストリーガルオフィス

> エストリーガルでヤミ金問題解決 <