闇金 暴力団

ヒドい取り立ても最短1日STOP!

エストリーガル

闇金業者と暴力団は密接な関係がある?

闇金融と暴力団といえばかなり太いパイプで繋がっているようなイメージがありますが、全部が全部繋がっているという訳ではありません。
もともと暴力団がバックに居る闇金業者で働いていたスタッフが独立して自分のヤミ金業者を作ったという例が案外多く、現在は暴力団直営の闇金業者とそうでない業者が混在している状態だったりします。

 

ヤクザや暴力団が運営するヤミ金融に関しては、義を重んじたり情が深いといった部分もあるので、卑劣な裏切り行為などに及ばない限りそこまで酷い仕打ちを受けるといった印象はありません。
返済の目途が立っていたら返済日を長めに引き伸ばしてくれたり、他の人に迷惑になるようなチンピラ行為は少ないと言って良いでしょう。
それに引き替え個人運営ヤミ金業者の場合、債務者の都合なんて一切考えずとにかくお金の回収の事しか考えていない人が多いです。
例えば自分が行った過激な取り立て行為の翌日、その債務者の自宅に取り立てに行ったら残念な事に首つり自殺をしていた。それを目の当たりにして出た言葉が「チッ!金返してから死ねよ、ボケが!」であったりと、人の道を逸脱している正気の沙汰とは思えない思考をしています。

 

そんなキチガイじみた思考の持ち主たちと個人でやり取りをするのは愚の骨頂!
非人道的なやり方には法律で立ち向かうのが一番有効です。
警察に駆け込んでもいいですが、基本的に警察は事件の臭いが強くない限り本腰を入れて捜査はしてくれません。
ヤミ金業者は警察のそういった習性も熟知しているので、警察が動かないギリギリの嫌がらせや取り立て行為をしてきます。

 

ではどうすれば解決するのか?
それは法務事務所の司法書士などの法律を熟知した者に任せる事です。
司法書士は裁判になっても勝てるだけの知識を持っているのでヤミ金業者から見るとリスク以外の何者でもないんですね。
債務者が司法書士と受任契約をすると、ヤミ金側は債務者(被害者)とコンタクトを取る事を法律で禁止されて、交渉相手が司法書士になります。
ヤミ金からしてみたら時間ばかりかかって何の得にもならない状況になるので、諦めて他のターゲットを探しにいきます。
これがヤミ金問題を早急に解決する効果的な手段という事になります。

 

エストリーガルオフィス

> エストリーガルで無料ヤミ金相談 <